前へ
次へ

固定残業代制を取っているところを選ぶべきか

就業規則がある会社ではそれぞれ始業時間と終業時間が決められていて、それは労働基準法の1日8時間以内になるよう設定されています。
使用者は労働者に就業時間以上の労働をさせることはできませんが、36協定を結んでいれば一定の範囲内で時間外労働、つまりは残業や休日出勤などをさせることができます。
給料の仕組みとしては通常の給料は残業や遅刻等が全くない時の額になり、残業で多く仕事をすればその分割増しされて遅刻をすれば減額されたりします。
その中で求人情報を見ると固定残業代制を採用していると書かれているときがあります。
これは毎月何時間分の残業をしたとみなして残業代を支払う仕組みです。
もし全く残業をしなくても固定分は受けることができますが、気になるのは一定時間以上残業をしたときに残業代がどうなるかでしょう。
固定分の時間はあらかじめ決められていて、それを超えれば超えた分の残業代は追加で支払ってもらえます。
そのことから固定残業代制を取っているところの方がお得になるかも知れません。

Page Top